神戸の結婚式なら当サイトにお任せ!

このサイトでは結婚式の席順・席次表の決め方に関するノウハウを紹介しています。
決める際に注意したいマナーやコツなど、失敗しないためのポイントがわかります。
また、職場の人は上座にすることや、参列者同士の関係性も考慮して決めるなど、式の準備をするにあたって実践的で役立つ情報が満載です。
新郎新婦のお祝いにかけつけてくれる人たちに気持ちよく過ごしてもらい、大切な人生の節目となる式を円滑に進める参考にして下さい。

結婚式の席順・席次表の決め方

結婚式の席順・席次表の決め方 結婚式の席順・席次表は基本的に新郎新婦との親密度の深さによって決められます。
まず理解しておかなければならないのは新郎新婦が座る高砂席に近い席が上座、遠い席が下座となることです。
さらに下座の最後尾の席は末席となります。
多くの場合、上座から末席に向けて、主賓、上司や恩師、職場の先輩、友人や同僚、親族の順に並べるのが基本です。
末席に親族が座るのは結婚式で来賓をもてなす立場にあるためです。
全体の配置ですが新郎の座る側に新郎側のゲストと親族を、新婦の座る側に新婦側のゲストと親族を並べます。
ただし、こうしたルールはあくまで原則で地域によって違いがあるため、新郎新婦どちらの地域で結婚式をあげるのかを考慮し、両親にも相談しつつ決めるのが無難です。

参列者の気持ちになって決める、結婚式の理想的な席順とは?

参列者の気持ちになって決める、結婚式の理想的な席順とは? 結婚式は開催する新郎新婦にとっても参列する側にとっても本当に幸せな空間ですね。
参列者としてはなるべく気まずい状況や嫌な思いはしたくないところです。
そこで結婚式における席順というのはとても重要な役割を担ってきます。
新郎新婦は結婚式の打ち合わせで膨大な量の細かいことをプランナーさんと一緒に決めていきます。
その中で困ったときにアドバイスはもらえるものの、ほとんど新郎新婦2人で完成させなければならないのが席順についてです。
会社の上司、先輩、同僚、中には取引先の方を呼ぶ機会もあるかもしれません。
友人といっても一括りにはできず、例えば中学時代の友人と高校時代の友人はお互いに顔も知らない…というケースも多いと思います。
理想的な席は、同じ円卓には全員知っている人であることです。
次に、その中でも仲の良い人、気後れしない人、気軽に話しかけられる人が隣に座っていると安心です。
とは言え、そんなに多くの人数を呼ぶことができない場合、席数も限られているのでやむを得ず異なるコミュニティの人たちが同じ円卓にならざるを得ないこともあると思います。
そのような場合はできるだけ会社関係と友人は別の円卓にすることが望ましいでしょう。
会社内での盛り上がりと友人同士の盛り上がりでは温度も異なります。
知らないとは言え、万が一会社の上司や取引先の方に失礼があってはその場は取り繕えてもあとから人間関係に苦労することになりかねません。
大切な結婚式で誰も嫌な思いをすることなく幸せな空間にするためにも、席順決めは手を抜かずに考えたいですね。

神戸の結婚式についてはコチラもチェック

神戸 結婚式